FC2ブログ

RELOAD

過激ではございませんが、アダルトな表現があります。未成年の方はご遠慮下さいませ。

ドロップ


    「私と出会う前に戻れ。」

  目の前が真っ暗になった。
    心臓が波打つ。
  早く・・・早く帰らないと・・・


ご主人様に出会う前のわたしは
呑みに行くと朝まで帰らない。
好きな時に好きなだけ好きな時間まで・・・

誰とお付き合いしようが

  わたしはわたし。

好きな洋服を着て好きな髪形で
自分の時間は自分で決める。
したい事は誰にも干渉させない。

これまで生きてきて
いつも自分で判断し行動して来た。
親や教師や上司までもなぎ倒して。

 そしてホザク。


   『自己責任』


Mだと言ってはいたが
誰かに心から服従した事はなく
自分のケツは自分で拭くものだと思っていた。

だから、
ご主人様とお付き合いが始まった頃
本当に何の呵責も無く呑みに行き
ご主人様と取り決めた22時を少し過ぎてまったことを

「22時を2分過ぎてしまいましたが
  早く帰りました!」と
さも、自分はちゃんとお約束を守りました。の体を

  『不愉快だ。』

の一言で一喝された時に
今までの自分が覆されてしまった。

それからは全てご主人様のご指示を仰ぎ
すっかり呑みにも行かなくなったし
仕事と家庭の時間以外はご主人様の管理下にいた。

だけど、1年に1度だけ
職場の開業周年パーティーにだけ参加する事を
許して頂いている。

今年もご許可を頂いたので
いつもより少し頑張ってお洒落して
久し振りの『外での呑み会』を楽しませて頂いた。

家から会場までは地下鉄で30分。
パーティーは21時頃に終わり、
記念のシャメを撮ったりしている中で
皆で2次会へ行こう という事になり
まずはご主人様に、お伺いのメールをする。

ご主人様のお返事は

    『己で判断しなさい』だった。

慌ててお詫びし帰宅する決心を決めたのがもう21時40分。
大雨の中独りタクシーを止めて
携帯のメールで甘えがあった事のお許しを請う。

=もしかしたら・・・
   もしかしたら、ご主人様は
  笑って「行って来なさい。」と仰って下さるかも知れない=

今日だけはいいんじゃないのだろうか・・・

だけど、ご主人様の仰った
『己で判断しなさい』の  己の判断は
お約束を守る。2次会へは行かない。 だったにも関わらず
中途半端に門限に間に合わず
冒頭の

  「私と出会う前に戻れ」だった。

脈が乱れ後悔しか頭にない。
早く決断して早く帰宅すれば良かった・・・・

それからお許しを頂くまでの3日間
自分でも何をどうしていたのか覚えてないくらい
 うろたえた。

蛍はいつも
 開け放たれた『檻』の中にいる。


自分の意思で繋がれている。

ご主人様のお言葉だけを
 頼りに・・・・




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

  1. 2015/11/19(木) 20:58:51|
  2. 恐怖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

妄想 Ver.1

  
   蛍は小さい頃から変態です。

それが変態とは思わずみんなそうだと思ってました。
今では見かけませんが
立ちションしている男性の性器を見たがったり
バスで隣に乗り合わせた男性に
痴漢されたくて寝てるふりをして
わざと股を開いてその男性に足を寄せたり・・・
そんな小学生でした。


リァルにSEXを覚えた中学生の頃は
ち〇ぽにはまりましたが、
まだ知らぬSMへの憧れはずっとありました。


恋人や夫には言えず
妄想だけふくらんで行きます。
地下室みたいな所に閉じ込められて
排泄も管理され、
咀嚼した食事を犬の皿で食わさせられる。

気が向いた時に
リードで繋がれてお散歩して下さいます。
だけど、わたしにはお仕事があるのです。
沢山の人の肉便器になる事。

それを頑張ったら飼い主さんは喜んで下さいます。


種付けされたら堕胎のご褒美。
(非人道的な嗜好ですが妄想だとお聞き流し下さい。)
4ヶ月までおいておいて堕胎すると
母乳が出ます。(←これは事実)
それを見てお仲間さんと笑って下さるのです。

お食事会ではテーブルに
裸で縛り付けられて
お〇こに熱いご飯を入れられます。
お客さまは「こんな汚いもの食えるか!」と
怒られお箸でさらに中へ入れられてしまい
火傷してしまうのです。

それを見たお客さまは大爆笑です。
ご褒美にまたお散歩と肉便器のお仕事。
(肉便器の妄想は性感染症の現実に阻まれてしまいます)


そんな妄想や磔で鞭打たれたり
針で乳首やラビアを貫通されたり
(クリの針は自分でしてみましたが無理でした。痛くて)


幼き頃の妄想は
どれも不可能な事ばかりでした。

わたしの家庭は平凡な普通の家でしたし
失踪とかあれば即警察です。
むしろ父親がとても厳しくて
門限は成人してからも22時でした
(奇しくもご主人様の決められた門限と同じです)

小さい頃から愛情に恵まれ
何のコンプレックスもなく育ちましたが
頭の中はこのような妄想で一杯でした。

ご主人様に少しづつ暴かれて行き
こうして誰にも言った事の無かった恥ずかしい本当の自分を
曝け出される・・・・

これもひとつのSMなのでしょう。

   ご主人様に逆らう事は許されません。

   
       蛍







  1. 2015/11/13(金) 13:26:29|
  2. 妄想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

蛍

Author:蛍
FC2ブログへようこそ!

蛍 と申します。
これから少しづつ
綴って行ければと
思っております。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

呟き (3)
未分類 (7)
恐怖 (9)
戯言 (16)
ご主人様 (12)
摂理。 (4)
焦がれる (4)
ご主人様のお言葉 (8)
これから (7)
3度目 (5)
覚悟。 (3)
年越し (3)
ご命令 (1)
4章節 (3)
過去 (4)
道のり (12)
妄想 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも一覧


時々、SM日記

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

かうんた