FC2ブログ

RELOAD

過激ではございませんが、アダルトな表現があります。未成年の方はご遠慮下さいませ。

醍醐味。


オスの鳩が

メスに乗っかる。

乱暴にその背中に



生殖。


その間、5秒ほど。

前戯などある訳なく射精し終了。


そのすぐ後にまた他のメスに乗っかっていく。


次の世代へ繋げる命。

人間だけだろう。

SEXを精神へ導くのは。

誰かが言ってた。

SMは知能がなせる技であると。


素敵ね。

わたし、生きてる。

だから

苦しい事も味わいたい。



人は

『好き』って言われても

信じないくせに

『嫌い』って言う言葉には反応するのね。


素敵。


生きてる醍醐味。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/09/25(木) 20:42:05|
  2. 摂理。
  3. | コメント:6

願い。

ご主人様から、今の心境を書きなさいと
言われました。

蛍は文盲でございますので
上手く表現出来ないと思いますが、
ほんの少しお時間を下さいませ。

主がいました。

ノラのわたしを
導いて下さいました。
恐らくそれなりにご経験もあり
立派なS様だと今も思っております。

幼い頃からの性癖。

被虐願望。。。

思えば支配されたいとか
虐められたいとか、
小難しい事はヌキにして

わたしは変態なのでしょう。

SEXは好きです。
初体験した中学生の頃からです。
もっと言えば物心付いた頃から
いやらしい事ばかり考えていました。

男性器が大好きです。

お付き合いする人には言えない。
何故なら
幼稚園に入る前に
姉に「縛りごっこしたい」と言って
「気持ち悪い」と言われたからです。

今ならそう言われたことすら
萌えなのですけれど。

当時はトラウマになりました。


薄い氷の上のような
安全。
そればかり求めました。

一歩踏み出せば割れる。

普通に結婚して
(これも、狡賢く計算高くそれでいて満足に)
子どもを出産しました。

わたしはマザコンです。
母=命。

その母があっけなく亡くなり
死んだらわたしも終わると思ったのに
生きてしまいます。

『人はいつか絶対に死ぬ』

今出来る事をしようと思いました。

そのお話はまた後日。


tailor さまと絡ませて頂いたのは
偶然か必然か。。


前主には4年従事させて頂きました。

ゆっくり育てて欲しいの言葉通りに
本当にゆっくり育てて下さいました。
だけど、

主従が逆転してきた事に気づきました。

「責めるのが可哀想になって来た」

そうなった時に
わたしはそれは単なる『不倫』だと
気づきます。
家庭に何の不満も御座いません。
それを求めそうして自分なりに努力して来たからです。

好きな絵画がある。
好きな音楽がある。
好きな趣味がある。

被虐趣味もそうならいいのに。

胸を張って言えるなら
今頃職業にしていたかも知れません。

被虐が恥ずかしいのではないです。
家庭を持ってしまったから反するだけだと思います。

昨年の暮れに元の主にお別れを言いました。

その事を tailor さまに相談しておりました。

わたしの中では『最強のS様』

絡んで頂けるだけで光栄。
いつしかそれは憧れから
わたしの「儚い夢」になりました。

1度でいいから
その責めを受けてみたい。
逆転しない主従を味わってみたい。


お逢いする前から
翻弄されました。

逢って頂いてからも
『何故?』の連続です。

揺れる。

一昨日、決定的に落とされました。

人生で自分が選んで来たこと
自分で左右してきた事
全て覆される。
壊れて行く。わたしが
今まで自分の思うようになって来た自分が

コワレテイク

決死の思いで出したメール。
少しだけ猶予を下さいました。

わたしは恐らく tailor さまに必要とされていない。

だけどわたしはとても欲します。


ご主人様の過去日記は見ません。
何故なら勝てる気がしないから。

そして、わたしはとても負けず嫌い。

勝てない勝負は最初からしません。
逃げてると思いますか?

勝負の前に逃げたくないから
見ずに挑みます。

今の正直な感想です。
『儚い夢』
だけど叶えてみせたいです。


   蛍
  1. 2014/09/23(火) 21:14:27|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2

be alive


つまらないわ。

生きてる事に意味を見つけるなど


壊されたいなんて


生きてるからでしょ。



素敵ね。

壊されるのは

存在している証拠。





  1. 2014/09/21(日) 22:04:13|
  2. 焦がれる
  3. | コメント:0

序章。


ご主人様と、お逢いした

2日間を綴りました。

もっと濃い2日間ではございましたが

文盲ゆえ

上手く表現出来ず

もどかしく思います。

読んで下さった皆さま。

ありがとうございます。

帰ってからが本当のSMだと思いました。


『揺さぶられる』


逢って酷い事をするだけがSMではないと

実感した一ヶ月半でした。



「これから先、究極の選択に迫られたら
 迷わず家族を取りなさい。」

そうおっしゃったご主人様のお言葉が

やっと少し分かりかけた頃です。

不安になった時も何度か御座いましたが、

やはりこれもご主人様の

「二人で二人のSMを、と思っています。」

のお言葉に支えられて参りました。

これから、少しづつ

蛍の心情やご主人様への想いを

綴って行きたいと思います。


ご主人様、皆さま。

よろしくお導き下さいませ。




  逢いたいと

   見上げて愁う

    鰯雲 


      蛍


  1. 2014/09/20(土) 22:58:14|
  2. 焦がれる
  3. | コメント:2

自己責任。


『頑張ってる』とか

一生懸命とか、

自分で言うもんじゃない。

評価するのは自分じゃないんだもの。


それを自己満足と言うのだろうか。

難しく考えないと保てないのねきっと。



ご主人様、

ありがとうございます。

過去に頂いたメールで

『究極に選択しなければいけなくなったら
 家族を取りなさい。』


そう、おっしゃった意味が

今日

ほんの少しだけ解りました。


とてもシンプルに端的に考えて

全てお任せ出来る人にやっと出逢えたという事だけ、
足りない頭ながら理解しました。


難しく考えなくてもいい。

自己の責任だけ覚えていれば。。。


『人はなりたいようにしかなれない。』
(自分のやったことしか成しえない)

父から頂いた言の葉。

ご主人様からのお言葉を

これからはお聞きします。

今いる自分は自分で求めた姿だから。

どうかよろしくお導き下さい。










  1. 2014/09/16(火) 19:00:33|
  2. 戯言
  3. | コメント:0

オワリノハジマリ


少し眠ってしまったらしい。

不覚にも。。。

気づいた時には遅かった。

ご主人様がソファーに座っておられる。


「大丈夫ですよ。シャワーして来なさい。」


・・・・大丈夫じゃない。

絶望に一旦沈んだ後に
慌てて帰りの支度をし始めた。

朝食を頼んで下さっていたけれど
寝てしまった失敗ばかりが頭を支配し
うろたえる。


「タクシーを呼びましたので、
 車を取りに行きましょう。
 空港まで送ります。」


ご主人様がタクシードライバーと会話されている間

ずっと呆然としていた。
ぬけがらのように・・・

お車を取りに行き
空港までお送りいただく事になった。

以前の相方さまのお話や、
色んなお話をしながら空港へ進む。

帰りたくない。。。


「首輪を与えましょうかね。」と

おっしゃり、急にUターンされる。

大きなホームセンターの
ペットショップにご一緒させて頂き
首輪を買って頂いた。


その場で付けて頂きたかったわけではない。
だけど、店員さんに
「プライスタグを外して下さい。」とお願いしたのは
お車の中で嵌めて頂きたかったから。

お車に戻り髪の毛をあげ
嵌めて頂く。

甘くなくきつく、嵌められた首輪。


そう。

わたしの終わりの始まり。

地獄への扉。












  1. 2014/09/12(金) 21:15:53|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2

あさはかな朝。


ホテルの窓。

そのほんの隙間から

朝が来た事を知る。


少しでも眠って頂きたいのだけれど

気が昂ぶり中々眠れない。


『私が眠らないと、蛍が眠れませんね。』と

笑っておっしゃった。


=いいえ。わたしは
  ねむりたくないのです。
   ずっとごしゅじんさまにおあいてしていただきたいのです。=

そんな言葉を飲み込み

「そうですね。ご主人様がお休みになりませんと
 眠れません。」

そう、お答えした。

どうですか?

奴隷として正解ですか?


そんな駆け引きすら、

窓の隙間の朝焼けのように


微かな抵抗。


あさはかなあさ。








  1. 2014/09/09(火) 22:24:22|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2

ことだま


不安と葛藤。
ご主人様、ありがとうございます。


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




蛍は、これまで事ある毎に蹴られてきた。


そしてとうとう鬼が降臨した。
地獄も垣間見たようだ。



詳しい内容は割愛する。



初めて「要らん!」と、一喝された。

縋り付きもした。
そして這い上がってきた。



後日、蛍からのメールに面白いことが書いてあった。

蛍はあまり泣いたりしないらしい。
「要らん!」と、言われ生まれて初めて経験したことがある
と言う。

これまで涙は頬をつたって落ちるものだと思っていた。と言う。
初めて涙は飛ぶものなんだと認識したらしい。 (爆)



初めて会って一ヶ月で、意識、考え方、姿勢、言葉遣い、全て
一新した。鬼も地獄も垣間見た。



そうは言っても心の問題は、繰り返すのが常である。



まだまだこれからも山もあり谷もあるだろう。






鬼が降りたとき、謹慎を命じた。
私へのコンタクトも一切するなと命じた。



蛍は、メールも出来ないなら明日飛行機のチケットを買いに行くと
書いてきた。
来ても会わぬ。と、答えておいた。 (爆)



実は、私自身はそのメールに笑ってしまった。

主従と言う観点だけを捉えれば、ほぼ一ヶ月で仕上がってきている。


蛍の優れた部分に修正能力がある。
例え、外れようとしても己で修正してくる。
鬼も必要ないかなと思うこともある。



が・・・やはり私は・・・鬼が出てしまう。 (爆)


そのうち神も天国も魅せてやらないとなとも思う。


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




必死なのです。
ご主人様に付いて行くのに。。。


   蛍

  1. 2014/09/07(日) 00:45:30|
  2. ご主人様のお言葉
  3. | コメント:0

反魂草。


ご主人様とお会いした

夏が逝く。

例年よりアツく  篤い夏だった。


今は秋風。

戻して?  あの夏に。


ご主人様の男根を咥えさせて頂いていると

我慢が出来なくなる。

わたしの右手は自分の性器へ。

  「あっ・・・あぁ・・・も・・」

夢中で口に含むが漏れる弱音。吐息


ご奉仕どころじゃない。

『ステキ。。ホシイ。。モウムリ』

今すぐにでも、ご主人様に貫かれたい。

い ん ら ん

た だ の   淫乱。


冷静なご主人様が

「上に乗りなさい」とおっしゃった。


じらす事もなく、何のストテラジーもなく

挿入を許可する。


乱れる。ただひたすらに乱れる。


  イマアノサイキョウノエスサマト・・・・・


頭が真っ白になる。

このまま狂いそう。


堕ちる     乱気流に巻き込まれ

  オチル。

    オチル。


冷静なご主人様の前で

何度も無様に逝き続けた。


これも、責め。

ご主人様の『見極め』













  1. 2014/09/02(火) 18:17:57|
  2. ご主人様
  3. | コメント:5

コンセプト。


ご主人様から

今後の方針を頂きました。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆





今回初めて蛍と会ってこれと言ったSMはしていない・・・


緊縛のための見極めや鞭打ちのための見極めを行ったに過ぎない。

唯、これからの進みべき方向性は漠然とだが見えてきた気がする。



勿論緊縛にしても鞭打ちにしても露出にしてもやるとは思う。


だが、プレイでどんな酷いことをしてもそれは若い頃にやったことがあるよ。
だから何?って気持ちになってしまう。



高齢者SMの新境地として以下のことを漠然と思った。

刹那に対しての永劫
神に対しての鬼
飴に対しての鞭
痛みと快楽の狭間
天国に対しての地獄
蛍を認めることに対しての性根を叩きなおすこと



この相反する事を極めてみたくなった。



勿論それ以前に蛍は逃げ出す可能性が高い。爆
逃げ出すまでの間、皆様にお楽しみ頂くのも悪くないと思う。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



ありがとう御座います。

全てお任せいたします。

神と鬼のお心のままに。

    蛍



  1. 2014/09/01(月) 22:57:06|
  2. ご主人様のお言葉
  3. | コメント:3

プロフィール

蛍

Author:蛍
FC2ブログへようこそ!

蛍 と申します。
これから少しづつ
綴って行ければと
思っております。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

呟き (4)
未分類 (8)
恐怖 (9)
戯言 (16)
ご主人様 (12)
摂理。 (4)
焦がれる (4)
ご主人様のお言葉 (8)
これから (7)
3度目 (5)
覚悟。 (3)
年越し (3)
ご命令 (1)
4章節 (3)
過去 (4)
道のり (13)
妄想 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも一覧


時々、SM日記

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

かうんた