FC2ブログ

RELOAD

過激ではございませんが、アダルトな表現があります。未成年の方はご遠慮下さいませ。

『反省文』


 「反省文」

ご主人様
この度は蛍の普段からの軽はずみな思想・態度が
このような事態を引き起こしてしまいました。

また、ご指摘を頂いてからも己の立ち位置が分からず
珍紛漢紛な謝罪と上っ面だけのご挨拶メールで
ご主人様にお許し(忘れて)頂けると勘違いし
己を追い詰め自棄になり自分を捨てると申し上げました。
恐らく自分を捨てる事の方が「楽」だったのでしょう。
その安易な姿勢をご主人様は許して下さいませんでした。
蛍はご主人様から頂いた

  「要らん」のメールで壊れてしまいました。

そこからは本当に訳が分からなくなって
普段ならばご許可がないと絶対しない電話を
深夜数回繰り返し出て下さらない事に更に自身を追い詰めてしまいました。
このような異常な自分を見る事になり
驚愕いたしました。
そんな事をする自分ではなかったのに糸が切れるのは簡単でした。
それからはショックで何も手に付かず
途方に暮れる日々でした。
だけどご主人様の元を離れる勇気もなく
さりとてご主人様にお許し頂けるような案も見つからず。
投げやりになったり執着を思い出したり
大変な時間でした。
自分が招いたこととはいえ逃げ腰になったり
攻撃的になったりそれもまた初めて見た自分でした。

ご主人様
今回普段からの軽さの露見とその後の
激しい姿勢の「ぶれ」をお許し下さい。
また反省点が勘違いして突っ走っていましたら
どうかご指摘下さい。
宜しくお願い致します。
本当に申し訳御座いませんでした。

    蛍



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

  1. 2017/03/14(火) 13:49:29|
  2. ご主人様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきてるアタシ

 
  しんだらなにもなくなるねんで。
  こわい。

  だけどもっとこわいことをしってしまってん。
  ごしゅじんさまがほたるのまえから


      きえること。



わたしは病気恐怖症です。

なので必ず1年に1回
健康診断に行きます。

子宮がん検診に引っかかりました。
少しだけ早くなる心臓。

お母さんが
抗がん剤で苦しんで
苦しんでそれはそれは苦しんで
死んでしまいました。

優しく強かった母が
見る影もなく
弱音を吐くほどの敵(がん)

「貴女はがんです。」
『がーん!』と再生される
漫画の場面。

もし将来そう告知されたら
言ってやろうと思っていましたのに、
いざ再検査を言われると

保険はどうだったかとか、きっとどうにかなるとか

割と冷静な反面、
ショックでした。心不安になりました。

ご主人様にもお伝えしましたが

『蛍がもしそうでも
 わたしのスタンスは変わらない。』と
おっしゃいました。

そうですよね。えっ!?


そして、再検査で「シロ」と分かった時の
ご主人様のメールを貼らせて頂きます。



「帰りました。

 検査の結果はおめでとう。
 私の場合、たとえ検査の結果が良かろうが
 悪かろうが、お付き合いそのものに何の変化も
 気持ちの変化もありませんから・・・(笑)

  これまで通りです。

 良いに越したことはありませんね。
 安心したことでしょう。」

最初読んだ時は一瞬
なんて冷たい人なんだろうと思いました。

だけど、
ご主人様はやはり凄いと思います。

だって、
蛍がもし癌で余命宣告されたとしても
変わらず相方として
変わらず責めて下さるという事です。
変わらず生きなさいという事です。

何故生きてるのかとか
何故不幸と幸福があるのかとか
そんな事を考えることすら


  小さな事だと思いました。

ご主人様に出逢えた事



    イキテルアカシ



  1. 2015/06/23(火) 10:15:07|
  2. ご主人様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  蛍


  「名前を与えましょう。」


今まで、

主を求め心の渇きを埋めようと

あがいて来ました。

奴隷名とでも言うのでしょうか?

まずは、主になんて呼んで頂くか。


いつも自分で名乗るHNか

他になくて無理矢理考えたお名前でした。

tailor様は

そこからちゃんとして下さいました。


 「名前を与えましょう。」


両親からもらった名前。

それ以外に付けて下さったお名前。

名前を授ける意味の深さを知りました。

tailor様の従として生きる事の始まり。


そこに、

ご主人様の

わたしに対する本気を頂いたのです。


  『蛍』


誇らしく、

愛おしい、


わたしの名前です。








  1. 2014/10/04(土) 22:54:10|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2

願い。

ご主人様から、今の心境を書きなさいと
言われました。

蛍は文盲でございますので
上手く表現出来ないと思いますが、
ほんの少しお時間を下さいませ。

主がいました。

ノラのわたしを
導いて下さいました。
恐らくそれなりにご経験もあり
立派なS様だと今も思っております。

幼い頃からの性癖。

被虐願望。。。

思えば支配されたいとか
虐められたいとか、
小難しい事はヌキにして

わたしは変態なのでしょう。

SEXは好きです。
初体験した中学生の頃からです。
もっと言えば物心付いた頃から
いやらしい事ばかり考えていました。

男性器が大好きです。

お付き合いする人には言えない。
何故なら
幼稚園に入る前に
姉に「縛りごっこしたい」と言って
「気持ち悪い」と言われたからです。

今ならそう言われたことすら
萌えなのですけれど。

当時はトラウマになりました。


薄い氷の上のような
安全。
そればかり求めました。

一歩踏み出せば割れる。

普通に結婚して
(これも、狡賢く計算高くそれでいて満足に)
子どもを出産しました。

わたしはマザコンです。
母=命。

その母があっけなく亡くなり
死んだらわたしも終わると思ったのに
生きてしまいます。

『人はいつか絶対に死ぬ』

今出来る事をしようと思いました。

そのお話はまた後日。


tailor さまと絡ませて頂いたのは
偶然か必然か。。


前主には4年従事させて頂きました。

ゆっくり育てて欲しいの言葉通りに
本当にゆっくり育てて下さいました。
だけど、

主従が逆転してきた事に気づきました。

「責めるのが可哀想になって来た」

そうなった時に
わたしはそれは単なる『不倫』だと
気づきます。
家庭に何の不満も御座いません。
それを求めそうして自分なりに努力して来たからです。

好きな絵画がある。
好きな音楽がある。
好きな趣味がある。

被虐趣味もそうならいいのに。

胸を張って言えるなら
今頃職業にしていたかも知れません。

被虐が恥ずかしいのではないです。
家庭を持ってしまったから反するだけだと思います。

昨年の暮れに元の主にお別れを言いました。

その事を tailor さまに相談しておりました。

わたしの中では『最強のS様』

絡んで頂けるだけで光栄。
いつしかそれは憧れから
わたしの「儚い夢」になりました。

1度でいいから
その責めを受けてみたい。
逆転しない主従を味わってみたい。


お逢いする前から
翻弄されました。

逢って頂いてからも
『何故?』の連続です。

揺れる。

一昨日、決定的に落とされました。

人生で自分が選んで来たこと
自分で左右してきた事
全て覆される。
壊れて行く。わたしが
今まで自分の思うようになって来た自分が

コワレテイク

決死の思いで出したメール。
少しだけ猶予を下さいました。

わたしは恐らく tailor さまに必要とされていない。

だけどわたしはとても欲します。


ご主人様の過去日記は見ません。
何故なら勝てる気がしないから。

そして、わたしはとても負けず嫌い。

勝てない勝負は最初からしません。
逃げてると思いますか?

勝負の前に逃げたくないから
見ずに挑みます。

今の正直な感想です。
『儚い夢』
だけど叶えてみせたいです。


   蛍
  1. 2014/09/23(火) 21:14:27|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2

オワリノハジマリ


少し眠ってしまったらしい。

不覚にも。。。

気づいた時には遅かった。

ご主人様がソファーに座っておられる。


「大丈夫ですよ。シャワーして来なさい。」


・・・・大丈夫じゃない。

絶望に一旦沈んだ後に
慌てて帰りの支度をし始めた。

朝食を頼んで下さっていたけれど
寝てしまった失敗ばかりが頭を支配し
うろたえる。


「タクシーを呼びましたので、
 車を取りに行きましょう。
 空港まで送ります。」


ご主人様がタクシードライバーと会話されている間

ずっと呆然としていた。
ぬけがらのように・・・

お車を取りに行き
空港までお送りいただく事になった。

以前の相方さまのお話や、
色んなお話をしながら空港へ進む。

帰りたくない。。。


「首輪を与えましょうかね。」と

おっしゃり、急にUターンされる。

大きなホームセンターの
ペットショップにご一緒させて頂き
首輪を買って頂いた。


その場で付けて頂きたかったわけではない。
だけど、店員さんに
「プライスタグを外して下さい。」とお願いしたのは
お車の中で嵌めて頂きたかったから。

お車に戻り髪の毛をあげ
嵌めて頂く。

甘くなくきつく、嵌められた首輪。


そう。

わたしの終わりの始まり。

地獄への扉。












  1. 2014/09/12(金) 21:15:53|
  2. ご主人様
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

蛍

Author:蛍
FC2ブログへようこそ!

蛍 と申します。
これから少しづつ
綴って行ければと
思っております。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

呟き (3)
未分類 (7)
恐怖 (9)
戯言 (16)
ご主人様 (12)
摂理。 (4)
焦がれる (4)
ご主人様のお言葉 (8)
これから (7)
3度目 (5)
覚悟。 (3)
年越し (3)
ご命令 (1)
4章節 (3)
過去 (4)
道のり (12)
妄想 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも一覧


時々、SM日記

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

かうんた