FC2ブログ

RELOAD

過激ではございませんが、アダルトな表現があります。未成年の方はご遠慮下さいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明けない夜



今日でご主人様とお逢いして
まる3年。

  「前向きになったら連絡しなさい。」

最初にお逢いした時からずっと
過酷な現実。

  どこまでも厳しく



      悲しい片思い。



スポンサーサイト
[PR]

  1. 2017/08/05(土) 00:16:51|
  2. 道のり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

October


ご主人様。

ご無事をお祈りしております。

通常、蛍のブログはご主人様にご許可を頂いてから
アップしております。

この記事は無断で挙げております。

叱られるのかなぁ・・・

ご主人様が唄って下さった歌。























  1. 2016/10/11(火) 22:46:59|
  2. 道のり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TUMUGU


うだるような熱気も感じないほど

背筋は凍っていた。緊張で

初めてお逢いしたあの日の空気

    熱気

 あの日の服装あの日の汗。

あれから2年。

わすれない

なつのくも めのしたに
  ひろがるうんかい
ほたるのけっしん

これからもご主人様と蛍の

   時を紡ぐ。



皆さま、ご無沙汰していて
申し訳御座いません。

今日でご主人様の相方を名乗らせて頂いて
まる2年になりました。

8月5日は蛍にとってのお誕生日で御座います。

tailor様の相方と言うプレッシャー。

わたしには務まらないかも知れないと
何度も折れそうになる心。疑心暗鬼
ご主人様の出される課題はほとんどが
『己との闘い』でした。

ご主人様の仰るお言葉は一貫していて
微塵の『ブレ』もありませんでした。
何度その潔さに感動した事でしょう。

ご主人様の相方でいれる事に
誇りと幸せを感じております。
まだまだ皆様に認めて頂けるようなマゾでは御座いませんが
ご主人様の仰って下さった

  『2人で2人のSMをしましょう。』のお言葉を

明日からの3年目に繋げて行きたいと思います。
これからも宜しくお願い致します。


    蛍


  1. 2016/08/05(金) 21:42:48|
  2. 道のり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みらい


すぐにでもお電話でお声をお聞きしたかったのですが
回線が落ち着かず
ご主人様のお声を拝聴したのは
震災から1週間経ったあとでした。

職場からのお電話でしたが
いつもの明るいお声で安心しました。

まだまだ余震が多い時期でしたので
時々リアルに途中で何度か大きな余震が襲いました。
数分遅れて出るTVの地震速報。

「逃げて下さい!」と焦る蛍に
豪快に「大丈夫。」と笑ってお応え下さいます。
「これだけ余震が続くとやばいかどうか分かります。」と
仰るのですが心配で心配で心がざわつきました。

冗談を交えながらお忙しい中
1時間もお話しさせて頂きました。

2度目の震度7の後は数日車中泊をされており
本当にお疲れが蓄積されて大変な頃なのに
ご主人様の所より被害の大きかった地域を心配されておられました。

震災があっても責任あるお立場なので
仕事のご連絡や色々お忙しく
本当ならば蛍の事どころではないのに
いつもと変わらず毎日メールのお返事を下さり
気にかけて下さいました。

一旦お家に戻られたご主人様は
震災10日目の深夜2時くらいから
明け方近くまでチャットでお相手をして下さいました。
電気だけ比較的早く復旧したようでした。

地震のお話しだけではなく
昔聴いた歌のお話しや他愛ないお話を
家族の寝静まった暗い部屋の中で
ただただご主人様の文字を追っていました。

   =しあわせ=

何と言う不謹慎でしょうか・・・
被災された方達は未だ不便で不安な日々を過ごされているというのに。
こうしてご主人様と普通の日常を過ごせる幸せを感じていました。
『普通』という状況の脆さと大切さを知りました。

眠れない蛍に寄り添って下さる
大きなご主人様の
相方である事を本当に幸せにそして誇りに思います。
手放したくない大切な宝物。

  これからもご主人様と共に未来を歩みたいと思います。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

被災された熊本の皆さまの安全を祈り
1日も早く日常を取り戻される事を
応援しております。


      蛍







  1. 2016/05/04(水) 09:42:23|
  2. 道のり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毒と蜜


ご主人様とのカラオケの時間は
蛍にとっては「あっ」っと言う間でした。

蛍はご主人様の横に寄り添いたくて でも
厚かましいかと前に座ったりご主人様の横に座ったり
うろうろしていました。
自分でも可笑しかったです。

1時間も過ごしたとは思えず
ずっともっとご主人様の歌を聞いていたかったです。
ご主人様は
「疲れた(笑)余計ストレス溜まるわ!」と
笑っておられました。

この記事を書くにあたり
とても迷いました。
ご主人様の過去のイメージがあるからです。

だけどご主人様に「書いてみなさい。」と
仰って頂きそのまま正直に書きます。


カラオケを出ますと
お車の中で色々お話を楽しみながらホテルに向かいました。
入ったお部屋はとても広く

「ここなら鞭が思いっきりふれますね。」と
仰り、以前色んな鞭を蛍にお試しになられた時を思い出し
それが表情に出たと思います。

「大丈夫。今日はしませんよ。今日はね」と
笑いながら仰って下さいました。
お道具は持って来られていましたので
縄だけ数本TVの所にかけられましたが
まずはお風呂に入ることになりました。

お湯を張らせて頂き
「お身体洗わせて頂きます。」と申し出ると
「要らない」とお断りになられました。

お風呂から出て来られると
蛍を後ろから抱きしめて下さいました。
首筋にキスをされ服の上から胸を揉みしだかれ
ショーツの上からお〇こをなぞられます。
思わず喘ぎ声が出てしまう蛍の向きを変え
熱いキスをして下さいました。

ご主人様のキスだけでもとろとろになってしまう蛍の
お〇こに指を挿入され、直接確かめるとおもむろに身体を離し

 「お風呂に入って来なさい。」と仰いました。


 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


お部屋が広く暖房も入れた所でしたので
身体が冷えていて
お風呂に浸かりたかったのですが
ご主人様をお待たせしてはいけないので
さっと流してすぐに出ました。

ご主人様がお側におられるのに
1人がとても不安だったのもあります。

ご主人様はデジカメのメモリカードを
探しておられました。
どうやら家に置いて来られたようでした。


「まぁ、いいです。ゆっくりしましょう。」
とベッドの横にご一緒する事を
許して下さいました。
ご主人様の胸で甘えていると蛍は我慢出来なくて
ご主人様のお〇んぽさまにすぐ手が行ってしまいます。

呆れて笑っておられましたが
上に乗っかっている蛍の頭を下へ押されました。

  しゃぶって良い  と言うサインです。

嬉しくて嬉しくて
口いっぱいにご主人様のお〇んぽさまを含み
舐めてまた含みまるで犬がおやつを与えられたように
興奮し夢中でしゃぶりました。

口の中でご主人様のものが大きくなってくると
余計興奮します。
ご主人様はご存知ですが蛍は
『男根フェチ』なのです。

「上に乗りなさい。」と仰られて
挿入して頂ける!と思いました。

なのに騎乗位に慣れていない蛍は
片手で
自分の身体を支える事が出来ず
痛さに負けてしまいました。

「無理しなくていいですよ。」と
抱き寄せて下さいました。
そして
「こっちに来なさい。」と
ご主人様は蛍をご自身の右側に置いて下さいました。
痛い方が下にならないようにして
蛍の痛い右腕を暖かい手で包んで下さいました。

ご主人様の最強たる所以を垣間見た気がします。

本当に具合が悪いかどうかを
瞬時に見極め、判断して下さいました。
本物のS様の迫力を感じます。

SMってなんでしょう。

普段は恐らく誰よりも厳いご主人様ですが
誰よりも1番蛍の身体を心配して下さっているのだと感じました。

ご主人様の暖かいお心とお身体で
しっかり温めて頂き、その後もまったりしました。
ご主人様はお怒りになられない時はとても
明るく豪快なお方です。


「足だけ縛ります。」と仰って
初めて蛍はご主人様の縛っておられるお姿を拝見しました。
(今まで怖くてちゃんと見れなかったのです。)
縛っておられるお姿はやはり真剣で容赦ないです。

先ほどまで蛍を暖かく包んで下さっていた手は
縄を締め上げます。
ピンと張り詰めた空気に圧倒されました。

   
     hotaru14.jpg


大阪へ帰らなければならない時間になり
用意しておいたバレンタインのチョコを召し上がって頂きました。

「絶対に忘れているだろうから、お返しは
 次回来る前に請求しなさい。」と笑って仰るので
「ホワイトデーのプレゼントはご主人様のお〇っこを
 かけて下さい。」とお願いしました。

空港まで送って下さるお車の中で
「帰りたくないです・・・何故こんなに離れているのでしょう。」と
半べそをかいていたら
「近くて遭えない方が辛いですよ?」と仰いました。

泣きたくないのに泣かされてしまう。

 SMってなんでしょう。
主従ってなんでしょう。

もしかしたらご主人様がサディスト様でなくても
蛍は好きになっていたのかも知れません。

今回味わった、ご主人様の


      毒と蜜






  1. 2016/03/15(火) 11:20:23|
  2. 道のり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

蛍

Author:蛍
FC2ブログへようこそ!

蛍 と申します。
これから少しづつ
綴って行ければと
思っております。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

呟き (3)
未分類 (8)
恐怖 (9)
戯言 (16)
ご主人様 (12)
摂理。 (4)
焦がれる (4)
ご主人様のお言葉 (8)
これから (7)
3度目 (5)
覚悟。 (3)
年越し (3)
ご命令 (1)
4章節 (3)
過去 (4)
道のり (13)
妄想 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも一覧


時々、SM日記

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。