FC2ブログ

RELOAD

過激ではございませんが、アダルトな表現があります。未成年の方はご遠慮下さいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

legend


  『蛍は

   もっと気にしなければならない事があるでしょう?』


 ご主人様はそうおっしゃった。
 蛍は色んな事に囚われている。
 仕事や家庭
 つまらない事に流される。

生きてるって面倒。
本当に色々面倒。
だけど
つらい事を

楽しみなさいと

    仰るの。

楽しめないわ。
ご主人様の元でなければ。

もっと苦しめて下さらないと
余計


     くるしい。







車を走らせて、
ふいに目の前に犬がいました。
ブレーキを踏み道路を渡る犬を待つ
ご主人様。

  「わんこはお好きですか?」

聞いた蛍に頂いたお答えはとても
ご主人様らしいお応えでした。

 「え?人間の?

  好きですよ。人間のわんこは」

     ・・・・。


はい。そうでした。
その後昔犬を飼っていた事を教えて下さいましたね。
忘れそうになるくらい
楽しい時間でした。

今まで辿ったご主人様の
道のりをほんの少しだけ共有させて頂きました。

春コートの下は下着の蛍。



     hotaru


海では全裸になる事をご命令され
コンプレックスなど吹き飛ばされてしまいました。

ものすごいオーラに包まれて
過ごした時間。
たった6時間だったのに

文字では綴れないです。

わたしに文才があれば
もっと表現力があれば
あのお時間を記せるものを・・・



霧にかすむ光景や

「滝に行きましょう。」とおっしゃって
雨に降られ潔く引き返されたこと。

フロントガラスを打つ雨。

  はるの あめ

湧き水の所で相方さんが
露出した事。
鳥居で吊った時に喋りかけられた人と
お友達になった事。

隠さずに何でも答えて下さいました。


海へ続く道で

「ここはこの先行けるのですか?」と
聞く蛍に

「行けなければ引き返せばいいでしょう?」と
おっしゃるご主人様。

そうですね。
だけどその引き返す事が普通は
とても困難なのです。

何故に
そんなに普通に仰るのでしょう。

まるで
「何故そんなに複雑に考えているの?」と
問われたようです。

港でストッキングを履きなさいと
命じられました。

おトイレに入り履かせて頂きましたけれど
残念な事に
伝線がありました。

新しいストッキングを持っておりましたが
蛍はあえて履いてきたものを履きました。


脱ぐまでのお時間がとても愛おしかったからです。


大阪に帰る前に
お食事をご一緒させて頂きました。
蛍は緊張で食欲が全く無く
色んな物を少しづつ盛ってあるもの頂戴致しました。

ご主人様のお好きなオムライスもあります。
しかも、くまもんの旗まで!
ご主人様の手が映っておりますので


     hotaru

  蛍の宝物のシャメです。

こうして、ご主人様とのお時間を
過ごさせて頂きました。
まだまだ記せていない部分が御座いますのは
蛍のチカラ不足で
申し訳ない限りで御座います・・・・

昨夜のメールで

  「私の相方ならもっと度胸をつけなさい」

と、お言葉を頂きました。


しっかりと受止め引き継ぎます。



         「legend」




スポンサーサイト
[PR]

  1. 2015/05/19(火) 11:00:27|
  2. 4章節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「愛 HOTARU」


     雲の上では晴れだったのに

ご主人様のおられる熊本の
地上は小雨でした。

ご主人様からの宿題。
今回の蛍のリクエストは

「今までの相方さんと
  巡った場所に連れて行って下さい。」

ただそれだけです。
そこでご調教をして頂きたいとか
そんな大それた事は望んでおりませんでした。

蛍はご主人様の地に明るくありませんし
どこへ連れて行って下さったとかは
判りませんでしたけれど

そこへ連れて行って頂く事で
ご主人様の過去を共有したかったのです。

そんな事は出来る訳など
無い事くらい

   分かっていましたけれど。


大きな公園で
蛍の持って行った軽食を
一緒に食べさせて頂きました。

そこで、露出のお話をして
さっさとお車に移動されるご主人様の後を
必死で付いて行きます。

もしかしたら、
蛍はとんでもない事を
お願いしたのかも知れない・・・

ほんの少しの後悔を
吹き飛ばすように
お車を走らせるご主人様。

フードの付いた
トレーナー生地のミニワンピースの上に
羽織っていたニットの春コート。

「蛍は服を着ていたら
  堂々としていますね。」


    =今日は下着姿で良い=


それだけの姿になれと命じられました。
コートの下に下着だけの心もとない姿です。

次々に色んな場所に連れて行って下さいました。

 霧にかすむ山々。
  田んぼの中、真っすぐに続く海への道。
   熊本には沢山あると言う湧き水、神社。

ご主人様のご家族が住んでおられた
 場所や、過去の相方さんが露出した
  グラウンド。

蛍のお願いを真っすぐ叶えて下さる
ご主人様に圧倒されなから
助手席で下着にコートで
お側にいれる幸せをかみ締めていました。

途中、
おしっこがしたくて
お願いしましたが
「ここでしろ。」と山道でおっしゃいました。

とても戸惑いましたが、
逆らうわけにもいかず、
だからと言ってすぐには出ず・・・・

ご主人様に見守られながら

    排尿致しました。

緊張と恥ずかしさで尿道が開かず
とても長い時間だったように記憶します。

4月とは言え
山道はとても冷えておりました。
ご主人様は
「わたしは寒くないけれど」とおっしゃりながら
車のヒーターの温度を上げて下さいました。


たった、6時間の間でしたけれど
まだまだご主人様との

    大切なお時間は続きます。。。。



  1. 2015/04/28(火) 13:04:02|
  2. 4章節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は再び来ぬものを


 到着ロビーに立つと
他の景色は見えなくなります。

蛍の目にはご主人様しか入りません。

最初の頃の緊張はほんの少しだけ緩和し
ご主人様のお姿を拝見して
顔が綻ぶのが自分でもわかりました。

   毎日毎日。

 ご主人様のご命令である『自戒』を守り

    ただただ、

     ご主人様を想い焦がれ

       待つ夜更け。

『やっとお逢い出来た・・・・・』

ご主人様の元へ向う蛍はまるで
しっぽを振った犬のようです。

そう言えば、ご主人様とのドライヴ中
蛍の事ではないのですが『犬』に関する
ご主人様らしい名セリフがあります。
後日、記しますのでお楽しみにして下さい。

朝早く出ますので、手作りは食べて頂けなかったのですけれど
大阪の空港でサンドウィッチとコーヒーを購入して参りました。

生憎の曇り空でしたが
蛍の心は緊張と嬉しさと怖さと・・・
お天気より荒れていたかと思います。
 

      4月。


桜も散った熊本で
ご主人様はお逢いして下さいました。

物語第4章で御座います。。。


 =命短し 恋せよ少女
   黒髪の色 褪せぬまに
   心の炎 消えぬまに
   今日はふたたび 来ぬものを=




  1. 2015/04/14(火) 22:53:34|
  2. 4章節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

蛍

Author:蛍
FC2ブログへようこそ!

蛍 と申します。
これから少しづつ
綴って行ければと
思っております。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

呟き (3)
未分類 (8)
恐怖 (9)
戯言 (16)
ご主人様 (12)
摂理。 (4)
焦がれる (4)
ご主人様のお言葉 (8)
これから (7)
3度目 (5)
覚悟。 (3)
年越し (3)
ご命令 (1)
4章節 (3)
過去 (4)
道のり (13)
妄想 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも一覧


時々、SM日記

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。